先生からのメッセージと園の記録 窓をあければ

カテゴリー1

2018-01-22

粘土が引き出す子どもの成長

1月20日、作品展がありました。(z)

「すごいね!」「頑張ったね!」と、おうちの方に、自分の作品をみてもらい、とても嬉しそうな子供たちの笑顔でいっぱいでした。

今年のテーマは、『粘土でつくろう』でした。粘土を通して、年齢ごとの、子どもの発達が、よくわかる、素敵な作品が、並びました。

 

たんぽぽぐみさん(二歳児)は、粘土で遊ぶことが大好き!粘土を握ったり、ちぎったり、指でついたり、さしたり…。遊びの中から、かわいい作品ができました。

 

小さな手のひらで、コロコロ丸めることが楽しい、ちゅうりっぷ組さん(三歳児)。同じものを沢山丸めて作ったり、色を混ぜるために、指先を使って、伸ばしてこねたりが、出来るようになりました。

 

粘土を使って、大好きな猫を作った年中組さん(四歳児)。しっかりと指先を使ってボトルに粘土を付けていき、それぞれ自分の思う猫を作りました。

色々な表情のかわいいねこたは、大きな船に乗り、大海原へと出発!『11ぴきのねこ』の世界が広がっていきました。

 

年長さん(五歳児)は、テーマに合わせ、自分のイメージを形にし、みんなで一つの作品を作り上げました。人形の、細かい動きを表現したり、必要な道具を作ったり。みんなで話し合い作りました。人形達から、元気に遊ぶ声が聞こえてくるようでした。

それぞれ、子ども達が、一生懸命作った素晴らしい作品ばかり!来られた方も、皆さん笑顔で、作品に心動かされ、楽しんでおられました。

2018-01-22

作品展と自己肯定感

作品展の見方を知っていただくために、18日(木)には、教諭たちの指導をお願いしている大阪成蹊短期大学の塩見知利教授に講演をお願いしています。塩見先生は、展示されている絵を示しながら、その年齢の特徴を語り、内から出てくるものを表出したり、表現したりしている子どもたちの想いへとわたしたちを促してくださるのです。大事なことは、見えるものから見えない内なる成長を感じる目を示してくれます。そのこどもの心の成長を受け止め、さらなる段階に導くために、褒める言葉は、「上手だね」では、なくて、「あなたの書いたこれ大好き」です。他者からの評価でなって、心が震えたということを伝えることです。。

僕の言葉に直すと、第三者的な評価でなくて、共感の言葉です。この好きという言葉で、こどもたちは自分の中にあるものが人の心とつなげるのだと自信を持つのです。これが自己肯定感へと育ていきます。自己肯定感はおだてではできないのです。子どもの中にあるものが、他者の心を動かすときに、できるのです。運動会ですごかったねと、褒められた時の笑顔がそれです。そして、この自己肯定感は、その子の財産になります。これからの生きる力の基礎になります。まこと幼稚園は子どもの自己肯定感をあなたと共に育てたいのです。作品展もその一つの手段です。園長 宮地健一

2017-12-10

もう一人の子どもを考える会

もう一人の子どもたちを考える会のメンバーです。

「難民の子どもたちに捧げる」バザーのために

集まってくださったメンバーです。

皆さんの善意に呼びかけ、寄贈品を集めて下さり、

バザーで販売して、4万円を超える献金を

集めてくださいました。バザーも、大盛況でした。

多くの人々と共に、やってこれるのも、このような

優しいお母さんがまこと幼稚園には多いからでしょう。

神は、子どもを想う心から他者を愛する心を産んでくださるのでしょう。

感謝です。園長

2017-12-10

クリスマス文庫を終えて

12.4 クリスマス文庫🎄礼拝堂にて

今日はクリスマス文庫の日。
一足早い文庫のお母さんからのクリスマスのプレゼント!
クレヨンに扮したお母さんはキラキラの首飾りをつけて

クリスマス仕様に変身。サンタさん、トナカイさんに

扮したお母さんと一緒に盛り上がりました。

出産や臨月で文庫活動を休止したお母さん

二人も子供達と一緒にクリスマス文庫を楽しみました。

今年もあとひと月となりましたね。
今日で、文庫の読み聞かせは今年最後となりました。
お母さんから子供達へのクリスマスプレゼント!って書きましたが、

少し違うかもしれませんね。読み聞かせを通じて、

文庫のお母さん達は子供達と同じ世界を共有できるんです。
子供達と一緒に楽しむ絵本の世界、もし良かったらのぞいて見ませんか。
また来年も文庫のお部屋で楽しい読み聞かせをします。(文庫リーダー)

2017-12-10

今年も捧げる優しいお心

小学生6年生になった栗川響くんが

献金箱を持ってきてくれました。

手作りの綺麗な献金箱です。

これは、幼稚園の3年間の習慣です。

それを覚えてくれたのです。

まこと幼稚園では、献金箱を各自で創ります。

クリスマス時に、園児たち全員が献金箱を神様に捧げます。

こどもたちが、困っている見えないお友だちのために

自分の小遣いをそこに入れて、持ってくるのです。

それも、お手伝いして、貰った小遣いです。

これを幼稚園は、その時に困って人々に捧げています。

放射能汚染で苦しみ福島であったり、地震の被害にあった人々

などです。今年は、難民や飢餓に苦しんでいる世界の子どもたちに

捧げます。子どもたちのうちに、見えないお友だちに対する

優しいお心を育てるのが教育の狙いです。

そのことを覚えて、栗川響くんは卒園しても、6年間捧げてくれています。

彼だけでなく、20歳になった、もう一人の青年も、燭火礼拝に献金箱を

捧げてくれます。優しいお心が育っているのです。

こんな心のつながりが、世界を良くしていくのです。

それは、子どもたちがこれから住んでいくだろう未来の社会を

より良くしてゆくでしょう。園長

2017-12-04

クリスマス文庫です。

12月4日です。今年も、クリスマス文庫の日を迎えました。

文庫おかあさんの劇あり、朗読あり、歌あり

の楽しい時でした。子どもたちも、大喜び。

クレヨンが登場したり

サンタが来たり、

いろんな物語が子どもたちの心をとらえました。

お母さんたちが何度も練習を重ねて、

伝えてくるクリスマスは子どもたちの心に残るでしょう。

感謝です。園長

 

2017-12-04

もう一人の子どもたちを考える会

12月4日、もう一人の子どもたちを考える会の

お母さんたちと共に、お話会を開きました。

バザーを手伝ってくださったお母さんたちと

この一年を振り返る会を持ったのです。

バザーはお陰で、こんなに盛況でした。

(全体で、21万6、795円でした。このうち、

もう一人の子どもたちを考える会が売ってくださった

寄贈品は、4万2620円でした。難民のために

使われます。

今日の会では、各自に2017年を振り返って頂きました。

会や園の行事に参加されて、忙しかったけれど、充実した

一年であったこと。また、

子どもたちを通して、自分の子どもだけでなく、

いのちを愛おしく思った経験や仲間との交流の

中で、新たね自分自身に出会う経験を語ってくださいました。

子どもと共に、自分自身が育ってゆく面白さを

感じられた一年であったという意見が多くありました。

愛するものを通して、成長してゆかれるのを頼もしく思いました。

あなたも、「もう一人の子どもたちを考える会」に入りませんか。

見えないものが見える経験ができますよ。園長

2017-12-03

クリスマスのイルミネーション

毎年、まこと幼稚園を支える向日町教会の教会員が

まこと幼稚園にイルミネーションを

飾ってくださいました。

寒い冬に、光が灯されるのは、うれしくなります。

今日は、アドベントの最初の主日です。

神の子の誕生を待つ時期です。

世界の希望の光が生まれることを待ちましょう。

お子さんの健やかな成長を楽しみに待ちましょう。

待つことを思い出す日です。

イルミネーションの光は、本当の光を指し示すしるし。

夜、見に来てください。 園長

2017-11-27

バザー、収穫感謝祭その2

バザーの起源は収穫感謝祭です。

収穫感謝祭は、七面鳥を食べます。

いのちを頂いて、いのちが生きるのです。

まこと幼稚園は、このいのちのことをいつも思っています。

一緒にバザーをしてくださった方々へのお伝えしたことの

ひとつは、このことです。このバザーは難民支援のために

行いますが、わたしたちのために十字架を背負ってくださっている

方々を忘れないためです。世界のどこかで、誰からが涙を

流している。その涙とわたしたちの幸せは関連している。

そのことを想い、今の自分を生きることの大事さがバザーの

メッセージです。  園長

2017-11-27

まこと幼稚園で11月23日、教会バザー

11月23日は、収穫感謝祭。

まこと幼稚園の園庭・保育室と向日町教会の礼拝堂で

教会主催のバザーが行われました。

この収益は、難民の子どもたちにために捧げます。晴天に恵まれたいい日でした。

まずは、音楽会も、バザーでは、伏見で活躍しているウィンドウサンブル響(ひび)輝(き)が

来てくれました。

20名を超えるグループで迫力がありました。こどもたちも大喜び。

休み暇なく、焼きそばづくりです。

おお忙しい。

寄贈品コーナーもこの賑わい。

売り上げも、18万円以上ありました。

 

1 / 4812345...102030...最後 »