先生からのメッセージと園の記録 窓をあければ
2016-08-16

マナ・ハウス 地鎮祭

マナ・ハウス建築に際して、園長からひとこと。

image

この写真は、キリスト教の地鎮祭です。

建築祝福式でした。

image

工事の無事を神様にお願いし、この建物が、この地域の人々のいのちをはぐくむことができますようにと、みんなで祈りあいました。

80年前に、幼稚園と教会とをこの地域の子どもたちの成長を願って、作った青年たちの夢が、現在のまこと幼稚園・向日町教会の土台です。

時代の変化とともに、子供への成長へのかかわりが変わってきたのです。

0歳から、いや胎児から子供たちの環境を守る必要がある時代になってきたのかもしれません。

若いご夫婦を支える地域のきずながなくなっています。

このマナ・ハウスは、生まれて来たいのちを育む若い世代を支え、地域のいのちとして、その子を大事にしていこうとする場所です。

そして、小さないのちを囲んで、この地域の人々が集う場所にしたい。

庭に生息するのは、西山の自然です。

いのちをはぐくむのはいのちです。

自然を含めた、生き生きとしたいのちが集う場所にこの場所をしたいのです。

神様が愛を持って、創造してくださったいのちが、助け合いながら、愛し合いながら、集う場所にしましょう。

その中心にいるのが 幼きいのちです。

赤ちゃんを、幼児たちを、大事にしながら、大人たち自身も成長して行ける場所にしてゆきたいのです。

集ってください。そして協力してください。

image

園長

2016-08-16

子育て支援センター、マナ・ハウス

image

園の隣に開設予定の子育て支援センター、

マナ・ハウス(manna house)の完成図です。

二階建てのひのきが香る建物になります。

庭は130坪もある場所です。

母と子、もちろん、父と子も、

近所の人も出入りしてください。

すべてのいのちを育む場所として、

まこと幼稚園・向日町教会が80周年記念として

建築します。

image

広々とした室内でしょう。

ここで、母と子が憩うことができる場所にしたいのです。

核家族が多くなり、近所付き合いも少なくなった社会の中で、

一人で子育てをしているという思いをお持ちのお母さんが多くおられるのではないかと思います。

ここに来れば、専門のスタッフがいて、いろいろな話ができる場所になります。

もちろん、子育て相談もでき、子育ての参考になる講演会や講習会もあります。

ふらっと立ち寄って、コーヒーを飲んで一休みも可能です。

近所の方もどうぞ。

投稿:園長

2016-08-15

向日葵

お盆を迎え、皆さん忙しくされている頃でしょうか。

幼稚園のみんな、元気にしているかな?(^^)

夏のはじめ、元気いっぱい泣いていた蝉も

少し静かになって、

まだまだ暑いけれども、だんだんと秋へ向かっているのを感じますね。

 

一学期、園の滑り台横の花壇には

向日葵が元気に咲いていました。

先生が昨年の園児大会でもらった種を植えてみたのだそうです。

そうしたら、

伸びる伸びる、ぐんぐん伸びる。

image

「また大きくなったなぁ!」

「何処まで大きくなるんやろ?」

「向日葵はいっつもお日様のほう向いてるなぁ」

と先生と子どもたち。

image

そんな、ビシッと上を向いてぐんぐん伸びていた向日葵も

種がたくさん付いたら、だんだんと下を向いて来ました。

葉は虫に食われ、茎は硬くなり、

花びらはしおれ、

少し前の向日葵とは

だいぶ様子が違います。

image

それでもこうしてうなだれて、

しっかり種を落とすのです。

葉は、次に育つ種の養分になる事でしょう。

花が咲き、枯れる。

そしてまた種が育ち花を咲かせる。

自然の繰り返しは素晴らしいですね。

枯れる事さえも、次への養分。

 

暑い暑い夏、

皆さんはどんな花を咲かせましたか?

夏休み、ただただ明るいほうを向いて頑張ったのでは無いでしょうか

自分の葉を、子の為に差し出したのでは無いでしょうか。

 

ボロボロになったかのようでいて、

それは次へと繋げる養分です。

お子さんもお母さんも、

この夏にしっかり実り、

また成長していることでしょう。

夏季保育の始まりまで10日を切りました。

夏季保育の日に、少し大きくなったみんなに会えるのを

先生たちは楽しみに待っていますよ(^^)

お母さん、また園でお会いしたら

夏休みの様子を聞かせてくださいね。

投稿:N

2016-08-10

花を育てる

毎年、一学期には

大きい組さんがお花を育てます。

image

雨の日以外は自分で水やりをします。

水やりを忘れちゃった子の鉢は

土がカラカラ、葉っぱも悲しげ。

あわててお水をたっぷりあげていました。

みんなで水やりをしていると、

「いくつ芽が出たかな?」

「私のは二つ!」

「オレ、三つ!」

一人の男の子が

「ぼくのは一つだけ…」

と、ちょっとしょんぼり。

先生が

「◯◯くんの、ほんまや、一つやなぁ。

種はいくつ蒔いたたっけ?

み〜んな違うなぁ。

◯◯くんの、一つ芽が出たんやなぁ。

良かったなぁ(^^)」

にこにこ明るく話します。

そうしたら、一つだけ芽が出た男の子も

にっこり。

一つだけの芽に愛おしそうに水をあげていました。

image

みんな同じように、同じような種を蒔いたのに、

たくさん芽が出る子もいれば、

一つだけの子もいます。

たくさんが立派なわけでなく、一つがダメなわけでなく、

それぞれの花の育っていく様を

みんなで観察して喜び合っている、

みんなの姿が素敵でした。

image

大きい組さんたちはこの一学期に自分で育てた花を、

夏休みに入る前にお家に持ち帰りました。

朝顔、るこう草、

お家でどんな風に育ったかな?

お花はいくつ咲いたかな?

そろそろ種がとれる頃かな?(^^)

夏休みが終わったら、先生におしえてね。

投稿:N

 

2016-08-08

郡山の先生をお招きしました

今年も、福島県郡山市の幼稚園の先生方をお招きしました。

image
原発事故のせいで、外遊びできない状況で、幼児教育している先生方に

リフレッシュしてもらうために始めた企画でした。

image

もう事故から5年経ちますが、放射能への心配は取れません。

しかし、

もはや前に戻ったと思いたいという心情の中で心揺れておられる

先生方の様子はよくわかりました。

福島の現状は、福井の原発銀座を近くに持つ京都も他人事ではありません。

みんなで福島のこどもたちを見つめてゆきましょう。

京都も思いを福島の先生方に伝えることのできた

いい会になりました。

しっかりと連帯してゆきたいと思っています。

園長

2016-07-26

天使の寝顔

先生方に、お泊まり保育のお話しをあれこれ聞いていて、

先生方みんな、

あれもこれも楽しいし、

こどもたちがとにかくみんな可愛い!

だけれども、

何より一番幸せなのが

夜、眠っているみんなの寝顔を見つめられること!

だそうです(^^)

母親の子育てとおんなじですね(^^)

どんなわが子も可愛いけれど、

眠っているわが子の可愛いこと、可愛いこと。

先生たちにたくさんの幸せな気持ちをくれたみんな、ありがとう❤︎

そして、こどもたちにたくさんの幸せな時間を用意してくれた先生方、

本当にありがとうございました❤︎

お母さん方、今宵、また少しお兄さん、お姉さんに成長した

1日ぶりのわが子の天使の寝顔を

心ゆくまでお楽しみください(^^)

投稿:N

2016-07-26

経験が自信に

お泊まり保育が終わり、

年長さんの担任の先生にどうでしたか?と聞いてみました。

「はじめはちょっと不安だなぁって思っていたお友達も何人かいましたが、

一つ一つの日程をみんなでして行くうちに、

あ、楽しい。あ、楽しい。

って、だんだんと楽しくなってきて、

最後には「次はこれをするよ」と言うと

「ヤッター!!」って言う声も聞けるほど

不安がなくなって行きました。

他の先生に

「待ってたんやで!」「今日来れて良かったなぁ!」

と声をかけて歓迎して貰えたのも大きな力になったと思います。

朝起きて、みんなで集まって、

「みんな、

お家の人が居ないのに、

みんなだけでお泊まりできたなぁ。

これって凄いことやねんで」

とお話しすると、

みんなちょっと照れくさそうにしながらも

自信のある顔をしていました。

今まで経験したことのなかったことを

みんなで経験することが出来て、

それがしっかりそれぞれのお友達の自信になったことと思います。」

そう話してくださいました。

すみれ組のお部屋の蝶々の幼虫が

蛹になりました。

image

蛹になるということは、

もうすぐ蝶々になるということですね。

投稿:N

2016-07-26

お泊まり保育-お迎え

楽しかったお泊まり保育が終わり、

もうすぐお迎えの時間です。

今日、さよならをしたらもう夏休み、

しばらく会わないお友達も居るから、

みんなで集まってちゃんとさようならをしました。

image

1学期の間だけ一緒にばら組に通った

オーストラリアのお友達とも

今日でお別れです。

一人一人、握手をしてさようならしました。

image

教室を出てから

「うちの子、どうでしたか?」

なんてお家の方と先生のお話も(^^)

image

わが子の居ない一夜、

兄弟姉妹の居ない一夜、

お家のみなさん、どんな一夜でしたか?

今日はお泊まりしたみんなも

お家に居たみんなも

話が尽きなそうですね。

投稿:N

2016-07-25

お泊まり保育-オリエンテーリング②

オリエンテーリングの最後の砦は

園長先生。

一番乗りで来たのは男の子たちのチーム。

「今から言葉を言ってはいけません。

何も言わないで、

先生の口の形をよ〜く見て

何て言っているか当ててください」

image

「何も言わないで」

と言われていたので、

少しの間

正解が分かってもみんな園長先生と一緒になって

口を開けて声は出さずに答えを言っていました(^^)

約束したものね。

「バナナ」

正解!

全部のお部屋のシールをもらったらホールへ。

制作で作ったキラキラカッコイイコマで遊びます。

image

次々と別のチームのお友達も園長先生のところへ。

image

「全部出来たよ」

と誇らしげにカードを見せてくれました(^^)

K先生に聞いてみたら、

チーム分けは数わけゲームで偶然に出来たチームなのだそうですよ。

「出来るだけ、いつも一緒にならないお友達ともチームになってもらいたいなと思って」と先生。

偶然一緒になったお友達とも

みんなとっても楽しそうに活動しています。

ふと、気が着くと、

朝は「お泊まり行かない」って言っていたお友達も

ニコニコ笑顔で元気に楽しんでいました(^^)

お母さん、ご安心くださいね。

これからみんなでカレーを食べて、

みんなでキャンプファイアーもして、

みーんなでホールに並んだお布団で眠ります。

楽しい楽しい特別な夜です。

投稿:N

2016-07-25

お泊まり保育-オリエンテーリング

3人グループに分かれたお友達同士が

園の二階を右へ左へ。

色んな教室を回って

オリエンテーリングをしました。

image

各お部屋には先生が居て

それぞれにお題があります。

image

お友達と協力しながら

お題をクリアしたらシールがもらえます。

そして最後は〜?

image

投稿:N