先生からのメッセージと園の記録 窓をあければ
2016-02-13

あやとり

お餅つきの日、自分のクラスの順番を待っているゆり組さんたちが

あやとりでお餅つきをしていました。

二人で毛糸を取って、手を咬合にクロスさせて

タッチ♪

image

「ぺったーん♪」

「ぺったーん♪」

image

ああ、楽しい。

わからない子には、やっぱりお友だちが優しく

「こうやるねん」と教えてくれます。

image

「ぺったーん♪」

「ぺったーん♪」

お餅つきあやとりで、更にお餅つきへの期待を膨らませるゆり組さんでした。

投稿:N

2016-02-13

お部屋の遊び

寒い季節はお部屋での遊びもたくさん楽しんでいます。

それぞれに自分の好きな遊びに熱中です。

カードゲームが好きな子たちが集まりました。

image

自分のではなく、お友だちのカードが増えても

「今のは◯◯くんのな♪」

と嬉しそう(^^)

こちらはカラー積み木を使って、

車の様な、シーソーの様な?

image

ちょっと前に進むと

「きゃー(*^^*)」

image

転がり落ちるのが楽しくて、何回もします。

 

みんな、自分が好きな遊びをしながら、

それを楽しみながらルールを覚えたり、

バランス感覚を身につけたりしています。

そこにお友だちがいることが、何より嬉しそう。

投稿:N

 

 

2016-02-13

グループでお手伝い

真ん中組のお友達が6人。

わいわいやって来て、小さい組さんの下駄箱のお掃除をしてくれています。

image

小さい組さんの下駄箱がピカピカになりました。

真ん中組になると、グループでの活動がはじまるんですよ。

「お手伝い」はその一環です。

image

自分たちでグループを作って、

自分たちで名前もつけます。

何のお手伝いをするかも決めます。

「前の年の真ん中組さんは何をしてくれてたかな?」

小さい組の時に真ん中組さんがしてくれていたことを覚えています。

「どんなお手伝いができるかな?」

「どんなことならみんな喜んでくれるかな?」

自分のことばかりではなく、

みんなのことへも気を配れるようになった真ん中組さん、素敵ですね。

image

投稿:N

 

 

2016-02-13

ごっこ遊びで

小さい組さんが、カラー積み木で作った「ハンバーガー屋さん」の窓から

「はい、どうぞ」と

注文の商品をわたしています(^^)

image

このハンバーガー、どこかで見たような・・・。

image

そう、11月1日にあった「こどもまつり」で、

おかいもコーナーのおかいものごっこで使っていたもの。

image

真ん中組さんはお弁当の材料をよく使っています。

ボランティアのこどもまつりスタッフのお母さんたちが

手作りで作ってくれた、手に馴染むやさしいおもちゃ。

こどもまつりスタッフのお母さん、お手伝いスタッフだったお母さん、

みんなこのおもちゃが大好きですよ。

ありがとうございました。

投稿:N

2016-02-13

小さい組さん参観

三学期は、小さい組さんのお母さんを少しづつお呼びしての参観があります。

自分のお母さんが遊びに来てくれたらもちろん嬉しいですが、

お友達のお母さんが来てくれるのも みんな大好き。

見学しているお母さん達に

「お母さんたち、いっしょにあそぼ!」

と声をかけます。

image

「はーい」とお母さんたちが来てくれて

いつもみんなで遊んでいる

「むっくりくまさん、でておいで」をしました。

image

囲んでいた先生くまさんが走り出したら~

「きゃー(*^^*)」

image

お母さんも一緒に走って遊びます。

子どもと同じ事をして、子どもと同じ「時」を楽しんでこそ、

そこから見えてくるものがあります。

皆さん、子どもたちとの時間をおもいきり楽しんでくださっています(^^)

参観が終わって帰るお母さんに

「どうでした?」

と尋ねてみると、

「思いっきり真剣に走ったわぁ。走りすぎてちょっとしんどかったけど、楽しかった!!」

と話してくださいました^^

投稿:N

2016-02-13

コマ③

すみれ組さんが廊下でコマ回しの特訓中、

廊下横の

たんぽぽ組さんに入ってみると…

image

たんぽぽ組さんもコマで遊んでいました。

小さな小さな指先を 擦り合わせて、

小さなコマを回しています。

image

大きいコマの上にブロックを乗せて回すと、

ブロックが一緒に回ったり、飛んでいったり。

それが面白くて、何度も回しては

お友だちと きゃっきゃっきゃ(*^^*)

image

林檎も回るよ♪見て見て!

投稿:N

2016-02-13

コマ②

コマのよく回る場所を求めて移動コマ回しの大きい組さん。

image

「見て!ここでも回るで!」

image

すごいね!

中には、回っているコマを 紐ですくい上げて 手のひらに乗せられる子もいます。

指や手のひら、手首を上手に使っています。

構え方、コマを放すタイミング、

何回も何回も挑戦して、身体で覚えています。

上手く出来ない子には

「◯◯ちゃん、こう、こうや、こうしたらいいで」と教えてあげでいます。

image

まことのみんなは お友だち同士で切磋琢磨。

教えてあげられる事は教えて、

教えてもらいたい事はしっかり聞いて。

それが自然に出来るように、大事なポイントでそっと声をかけている先生方の気配りがまた素晴らしいです。

投稿:N

 

2016-02-13

コマ①

三学期、園のあちこちにはコマ回しを楽しむ子ども達の姿があります。

小さい組さんは丸い紙に 自分の好きな色を塗って、

コマの軸に通して一緒に回します。

image

みんなが「見て見て」と力作を持って来てくれます(^^)

image

上手く回ると、ほら、

image

色が混ざって見えてこんなに綺麗❤︎

コマの他にも、カルタに羽子板、

昔ながらの遊びをたっぷり楽しんでいますよ。

image

投稿:N

2016-02-10

春へ

冷たい風が吹いて、季節はまさに冬!ですが、

冬至から

日一日と日は長くなり、

お日様が出ている時間が長くなるので、

植物は「もうすぐ春だ」と成長を始めます。

それぞれのお部屋で観察していたヒヤシンスも

あっという間に花を咲かせました。
image

お友達が寄ってきて、

「こっちは白いの。

見て、これの中はこんな。

根っこがあるよ。」

と教えてくれました。

image

花が咲く様はさまざまで、

それぞれに個性的です。

同じように育てたのに、

みんな違う不思議。

まだまだ芽だけで花は見えないものにも、

カバーを外すと、その下に太くびっしり、しっかりと根がある。

この芽はそのうち花が咲くと信じて見守る。

人間の成長と、それを見守ることと、なんだか似ていますね。

子ども達は可愛い花の球根を見ながら、

命を感じているようです。

投稿:N

2016-02-06

作品展12 作品展を終えて

image

作品展が終わり、

先生方が元の幼稚園に戻してくれています。

素晴らしい作品ばかりで、ずっとずっと置いておきたくなりますが、

作品展はたった一日だけ。

「一日で、無くなるから いいのですよ」

と園長先生。

「大切な瞬間を、子どもの中に刻み付けることが大事なのです。

先生方が日々してくださっているのはそのことです。

人は変わってゆくものであり、

変わっていけることが喜びであり、

美しいのですよ」

DSCF6130

作品展は終わりましたが、

この作品展を通して、多くの喜びが子ども達の中に刻まれ、

また次の成長へと繋がります。

投稿:N