先生からのメッセージと園の記録 窓をあければ
2015-11-19

同じ子どもを思って(その2)

 

放射線量の不安の中で子育てしている

保護者や保育者を支援するのためのバザーを

11月23日(月・休)11時半にまこと幼稚園で開催されます。

まこと幼稚園の母体である向日町教会主催でやります。

DSCF8127

そこへまこと幼稚園の「もう一人の子どもを考える会」を中心に

保護者の方々が参加してくださいます。

楽しい活気あふれるバザーになりますからぜひ来てください。

園長

2015-11-16

給食の試食会。

子どもたちが火曜・金曜に幼稚園で食べている給食。

お家の人にも希望で申し込み試食をしてもらいます。

image

今日のお弁当はこちら。

俵型のおにぎりにふりかけがのっている日もあります。

毎回の量も知ることが出来ます。

image

毎月の献立表には、食育コラムがあります。

先月の「むかご」

幼稚園のお砂場の所に昔自生していたのですよ、

とK先生。

珍しいむかごで、むかごごはんを炊き、

image

フライにしてみました。

image

ちいちゃいジャガイモのような、

ほっこりとして、良いお味でした。

 

 

季節を感じ、命をいただきいろんな人が馳走し、

やっとお弁当を口へ運ぶ事ができるのです。

 

『ごちそうさまでした』

投稿:S

2015-11-16

同じ子どもを思って

子育てって、それだけで大変、

その上、放射線量のことも考えて、

子育てをしなければならない

福島県郡山市のお母さんのことを思って、

「もう一人の子どもを考える会」が寄贈品を

集めてくださっています。

DSCF8121

その後、値付け。感謝です。集まってもらって、

写真撮影、お花が負けるほどの笑顔です。

DSCF8124

今週一杯よろしくお願いします。 園長

2015-11-16

バザーに、皆さんがこんなにも

 

 

11月23日にまこと幼稚園の母体である

向日町教会がバザーをします。福島県郡山市

の放射線量の高い中で子育てするお母さんたちを

支える活動のためのバザーをします。

まことのおかあさんが協力してくださいます。

初日なのに、こんなに集まりました。

DSCF8120

まことのお母さんたちのやさしさが嬉しいです。

2015-11-13

ダンス大好き

運動会で大きい組さんが踊ったダンスの音楽で、

真ん中組さん達が楽しそうにダンスをしていました。

違う学年のダンスもみんな大好きなんです。

image

そこへ

可愛いたんぽぽ組さん達が

蜜に集まる蜂さんのように

すぅ〜っと引き寄せられて来ました。

image

たんぽぽ組さんもダンスが大好き。

真ん中組さんと一緒になって見よう見まねで踊ります。

image

大きな輪になるところでも

真ん中組さんに教えてもらって

みんなで輪になりました。

image

小さい輪になって〜

きゃっきゃっきゃ(^^)

image

大きな輪も出来るよ。

image

ダンス大好き!

image

音楽が鳴ると、

踊りたい子が自然と集まって

クラスも年齢も関係なく踊りを楽しんでいます。

image

音楽の聞こえる砂場やすみれ組の前には、

口ずさみながら遊ぶ子あり、

お気に入りの場面だけ勝手に身体が動いちゃう子もあり。

みんなの身体の中に

みんなの運動会が

ぎゅ〜っと染み込んでいるんだね。

投稿:N

 

 

 

2015-11-13

劇団クラルテさん

人形劇団クラルテさんが来てくれました。
「今日は何のお話かなぁ?」「また怖い魔女さんのお話やったらどうしよう」
期待で胸を膨らませながら、ホールへ集まります。

DSCF4243

毎回、キャストはお二人だけです!
お二人だけで沢山のお人形を動かしセリフも…

この上映は、文庫のお母さんたちも観劇することができます。
子ども達以上に前のめりで人形の動きや、舞台の仕組みを
興味津々で観ている様子がほほえましいです。

DSCF4246

「機関車ポー君」
機関車のポー君は、飛行機君と車君と競争をします。
競争の間に…色々な出会いや出来事があって…
天気のいい日はのんびりさんぽ~~♪
お歌に子どもたちも体を動かしてみています。

「トントンたたくは誰ですか?」
ある雨の日の夜、おばあさんのお家のドアをトントン…
小さなお客様から大きなお客様まで、
おばあさんはずぶ濡れのお客様を優しく招き入れます。
そして…
2つのお話が1時間ほどありましたが、
大きな歓声に、手を叩いての大笑いに、
集中して上手に座って観れていました。

DSCF4251

お姉さんがスズメさんとお見送りしてくれました。
お人形を触らせてもらって「ありがとう」「ばいばい」
「怖い魔女さんのお話じゃなくて良かったぁ~!」
昨年のお話の事もしっかり覚えています。

 

この、コップやポット、何で出来ているかわかりますか??

DSCF4273

正解は…木をろくろでくり抜いて作ってあるのです。

とっても温かみがあるお人形と小道具たちでした。
素敵な時間をありがとうございました。

 

投稿:S

2015-11-11

秋の遠足~年長編~

今年の秋は暖かい日が続きます。
お日様に見守られて年長さんは、今年二度目の遠足へ出かけます。
DSCF7772

「今日こそ、魔女さんに会えるかな?」

DSCF7786

窓からちょこんと見える頭をお母さんたちは最後まで見送ります。

遠足の行き先は『八瀬野外保育センター』

春の景色を見て、こんなに素敵なら秋も見てみたいね、と
春と秋の二回遠足へ行きます。五感で季節を感じます。
image
頭から落っこちそうなくらい、興味津々に覗き込みます。

image
クラスが違っても興味の合う仲間が自然と寄ります。
このみちは、さらさらの小石に阻まれて油断をすると…
image
ずるずるずるずる…それでも何度もぐるぐる登ったり
降りたり、どこが危険かをも学びます。
image
センターの方が「葉っぱのお手紙」を教えてくれました。
穴が開いているのは、虫さんからのお手紙、なんですって♪
くしゅくしゅするといい匂いがする葉っぱも教えてもらいました。

image
まこと幼稚園の遠足は「さあ、みんなで何かをしましょう♪」
ではありません。
個々で興味のある事、もの、発見、そして仲間と
分かち合い、体いっぱいで自然を会得します。

子どもたちは自然の中で、生きている喜び、
生かされている喜びを自然に見出します。
春の遠足の時よりも、実りの秋。
子どもたちも色づき実って帰ります。

image

そうして、やっぱり魔女は「お留守」でした♪

投稿:S

2015-11-11

小学生が来てくれました

image

玄関に、幼稚園では普段見慣れない大きな靴が

ずらりと並んでいます。

毎年、この時期には

地域の小学五年生が、来年度入学を控えた年長さんと交流をしに来てくれるんですよ。

image

リコーダーの演奏に、手品、読み聞かせ等、

色んな出し物を考えて来てくれました。

年長さん達は憧れの眼差しで

どれも食い入るようによく見ていて

「わかる人ー?」

というお兄さんお姉さんの問いかけにも

みんなが

「ハイ!」

と手をあげていました。

image

楽しくて、あっと言う間に過ぎた交流会。

最後には、

学校の運動会の為にお兄さんお姉さんが

一生懸命作り上げた「ロックソーラン節」を

見せてもらいました。

image

ハチマキをして、

音楽に合わせて踊る小学生は

とってもかっこ良くて、

みんな圧倒されていました。

自分もあんなかっこいい小学生になるんだと

期待が膨らんでいるようでした。

そして、この日、みんなの素直で可愛い姿に

小学生がにこにこ優しく微笑んでいるのを見て、

この交流会で

小学生は小さい子を思う優しさを

自分の中に見ているのだろうなと感じました。

素敵な交流会でした。

第三向陽小学校の五年生の皆さん、ありがとうございました。

投稿:N

2015-11-06

こどもまつり③まつりボランティアさん

4月に「こどもまつり、やります!」と集まってくださったこどもまつりを運営するスタッフさん方。

「どんなコーナーがいいかな?」

こどもの安全を第一に

みんなで案を持ちよって

11月のこどもまつりに向けて用意をしてくださいました。

image

メインのボランティアスタッフではないけれど、

「ちょっとお手伝い出来るよ」というお母さんが参加できる

「まつりお手伝い募集の日」も設けていました。

未就園児連れのお母さんも集まってくれて、

こどもを遊ばせながら、

まつりで使う物を用意していました。

集まったお母さん達は楽しく育児のお話しをしながら作業。

image

わいわい賑やかなお手伝いの日。

お手伝いに来てくれたお母さんが

「お手伝いしやすくする為の準備」も

まつりスタッフさんがしてくれました。

image

まつり前日には、それぞれの持ち場をセッティング。

まるで学園祭の準備のようで、

お母さん達、輝いていました。

 

image

楽しいこどもまつりの中にある

「これは◯◯ちゃんのお母さんが作ったもの」。

こども達はたくさんの愛情に包まれていました。

 

そして、こうして、こども達を思いながら

チームでひとつのことを成し遂げた経験は

まことのお母さん達に人を思いやる気持ちを育んでいるように思います。

「何かするのって楽しいね。けど大変なこともあるよね」

「見えないところで頑張ってくれたよね、ありがとう」

「私で良ければ何か手伝おうか?」

そんな優しい言葉をいつでもかけあえる。

皆さん、とっても素敵です。

image

まつりスタッフの皆さん、お疲れ様でした。

とってもあたたかい、素晴らしいこどもまつりでした。

投稿:N

2015-11-04

こどもまつり②帰れる場所

こどもまつりの日

image

この日は在園児はもちろん、

卒園して行ったこども達もまつりを楽しむことができます。

卒園児さん達が足早に、

少し弾みながら門を通ります。

喜びを隠しきれない姿がとても愛おしいです。

門を入ると、懐かしい先生達がニコニコ迎えてくれました。

「久しぶりやね」

「大きなったな〜」

先生とお話ししながらビュンビュンごま作りをしました。

image

11月3日、毎年、こどもまつりは必ずこの日。

世の中の何が変わろうと、「まことのまつり」は必ずこの日。

卒園児さんはいつでも帰って来ていい日。

時々、まことを卒園し、もうすっかり大人になった卒園児さんや、お隣りの中学生になった卒園児さんも、「入ってもいい?」と、この日に訪ねて来ることもあるそうですよ。

卒園児さん、来年もこどもまつりにはほっこりしに帰って来てくださいね。

安心して帰れる場所がずっと変わらずあること、

それは成長していくこども達にとって

生きていく土台になります。

投稿:N