先生からのメッセージと園の記録 窓をあければ
2015-10-04

リレー

大きい組さんのクラス対抗リレーの練習。

image

これは、今年はじめてのリレーの練習の時の写真です。

ただ走るみんなを見ていたお友達も、

アンカーが走る頃には

ピョンピョン飛び跳ねながら

身体全部で

「いけー!」

「頑張れー!」

と応援。

image

結果発表で

一位のクラス名が呼ばれると

「やったー!」の歓声。

三位だったクラスは

しょんぼり。

image

まことのリレーは

練習で毎回、一位になるクラスが違います。

負けたクラスは、

どうやったら早くなるか

真剣に作戦を練るのだそう。

勝ったからと油断していると

すぐに負かされてしまいます。

 

明日は、お家の方が来てくれる運動会の前に

総練習を兼ねて「子どもの運動会」。

さあ、どんなリレーになるでしょうね。

それは本部さんだけが見られるのであります(^^)

投稿:N

 

2015-10-03

季節を感じる。

まこと幼稚園には、バスがありません。

お母さんと手をつなぎ、すれ違う人と挨拶をしたり、
季節の草花が咲くのを発見したり、
お母さんの運転する自転車に乗って風を切りながら鼻歌を歌い、
時々お休みのお父さんと一緒に登園し、

門の所で園長先生の「おはよう」に、
元気よくお返事したり、恥ずかしそうにはにかんだり、
お母さんにしがみついたり…

そうして、幼稚園の一日が始まります。

秋は運動会の練習でちょっとくたびれたりしますが、
朝一番の高い高い蒼い空に、うろこぐも、それからトンボ、
どこからともなく香る金木犀の匂いを、五感で感じながら、

子どもたちの記憶に「におい」が残ります。
image
金木犀の香るころ、お母さんやお父さんと、手をつないで園へ行った
運動会の時期を思い出すのです。

投稿:S

2015-09-28

ただいま修行中

大きい組さんの男の子たちが

運動会でかっこいい踊りをする為に

集まっています。

image

「◯◯くんはこの時に手がこうやったけど、

こうのほうがもっとカッコいいと思う」

お互いに、どうしたらカッコ良くなるか

意見を出し合っていました。

自分の意見をみんなに聞いてもらう。

人の意見をしっかり聞く。

そんな大きい組さん達が

カッコいい!!

 

「こうかな?」

「こうしたらどうやろ?」

image

意見を出し合っているうちに、

カッコいい感じが掴めてきました。

「こう!」

一人、二人と自分の意思で立ち上がります。

 

image

ちょっとぼんやり見ていた子も

周りを見て

我にかえってポーズ!

image

ビシッ!

ビシッ!

ポーズが決まります。

image

話し合う前より、目にやるぞ!と力が見えた大きい組さんでした。

投稿:N

2015-09-27

みんなで作る

すみれ組のお部屋を覗いたら

女の子たちが

せっせ、せっせと何かしていました。

「運動会で使うの作ってる!」(真剣!)

image

いつもは

「なにしてるのー?」

「こんなん作ってん。見て見てー」

と来てくれるみんなですが、

この日は誰も来ません。

みんなが真剣。

「あれー?女の子ばっかりだ〜」

と言うと

ちゃんと聞いてくれていて

「男の子はな、今、修行行ってはる!」(真剣!)

そう応えながらも

さすが女子!手は止めません(笑)

園内を一回りしてすみれ組を通ると

image

早い!

もう完成していました。

力を合わせて作った

運動会で使うロープです。

「出来たー!」

image

年長になると、みんなで力を合わせ一つに向かうようになります。

投稿:N

 

2015-09-27

何が好き?

小さい組さんのお部屋にお邪魔しました。

小さい組さんは年中、年長に比べて

「みんなでする」

ということは少なめ。

小さい組の間は、自分のやりたい事を見つけてよく遊びます。

マントやスカートで変身して、

ごっこ遊びを楽しんだり

image

カラー積み木で基地を作って遊んだり

image

絵本を読んだり

image

郵便屋さんも居ましたよ

image

そして、自分が心地いい場所を見つけたり。

image

小さい組さんは日々、

自分が楽しいなって思うことを探しています。

自分が楽しいと思えることを

一緒に楽しめるお友達がいるのは

本当に嬉しいこと。

みんなの心が喜んでいるのを

見ている先生も嬉しそう。

投稿:N

 

2015-09-27

自分だけの色

大きい組さんの色水コーナーが出ていました。

image

「どうやるかわからへん」

前にみんながやった時にお休みしていた子は

やり方がわかりませんでした。

先生が「知ってるお友達ー、教えてあげてくれるかなぁ」

と言うと、すかさず女の子が

「こうやるねん」

と教えてくれます。

image

わからない時は聞くといい。

わからない子がいたら教えてあげればいい。

みんな素直に聞いて、教えて。

素敵だね。

自分で選んだ色と色を混ぜてみたら、

おー、こんな色になるんだ!

と感動。

お友達はまた違う色と違う色を混ぜて

へー、こんな色。

綺麗な色を見つけたら、

「これ、どれを混ぜたん?」

「これとな、これは少ーしだけやで」

と、ヒソヒソ(^^)

 

出来上がった自分の色はそれぞれボトルに詰めます。

自分だけの色はとっても綺麗。

お友達の色もとっても綺麗。

 

image

みんな集めて窓辺に置いて

「綺麗やなぁ〜」

投稿:N

 

2015-09-27

水風船

もうすっかり秋らしくなりましたが、

まだ暑かった頃の幼稚園の事務所前での写真です。

image

お昼ご飯の後には、水風船コーナーが。

水風船遊びは大人気

みんなもりもりお昼ご飯を食べたら

急ぎ足でやって来ます。

image

水風船に水を入れるのも、口を結ぶのも

手先の力が必要になります。

「やりたい!」

その気持ちが、自然と手先を使う訓練に繋がります。

うまく水風船が出来たら

「どっちが高く飛ばせるかやろ!」

image

「せーの!」

image

「もっと高く投げるで」

さあ、高く投げるにはどうやって投げたらいいかなぁ。

image

「僕も出来るで!」

振りかぶって〜

エイっ!

image

正門辺りの園舎の壁めがけて、

「バッシャーン!」

「イェーイ!」

みんな夢中で遊んでいます。

水風船遊びをした日の園舎の壁はこんな事に(笑)

image

初めて見るお母さんは、ちょっとびっくりします。

「え?こんな遊びするの?」

私も同じく、数年前にはびっくりしました。

それでも、水風船遊び、お子さんとやってみて下さい。

色んなことがわかります。

手先を使う。

水や風船の感触を楽しむ。

全身で投げ方をコントロールする。

バシャンと割れた水風船から飛んできた水がかかるのが気持ちいい。

それをみんなでするのが、また楽しい。

うまく膨らませないとぶちゅーっと変てこな音がしたり、

風船がピューっと飛んで行ってしまったり、

そんな失敗も面白くて

みんながキャッキャと遊んでいます。

「楽しい!」から生まれる力はすぐに子どもの生きていく力になります。

そして、割れた風船のゴミは

必ず決まった場所に集めること。

決まりもちゃんと守ります。

 

正門辺りに水のあとがあったら

それは子ども達がまた成長している証です(^^)

image

投稿:N

 

 

 

2015-09-23

ちょっぴり背伸び

年中クラスのある2階渡り廊下には

『変身コーナー』があります。

長いお休み、

変身コーナーの服達が、綺麗にお洗濯されて

みんなを待っています。

image image

年少の活動の場は一階、

2階の渡り廊下を見上げると

この変身コーナーがよく見えるんです。

素敵な服を見上げて、

小さい組さんは

「真ん中組さんになったらあれを着る♪」

と憧れます。

春、真ん中組さんになると直ぐに変身コーナーまっしぐらだそう。

image

キッチンにリビング

ドレッサーもあります(^^)

真ん中組さんの中には、

長いお休みの後に

この変身コーナーを楽しみにすることで

ちょっと頑張って幼稚園に出て来れるお子さんもいるそうです。

 

image

ドレスを着たりマントをつけたら、

いつもの自分とは違う自分になれる気がするね(^^)

変身コーナーに限らず、

みんながそれぞれに「楽しみ」と思うことを

胸で膨らませて、

休み明け元気に登園して来ます。

シルバーウィークの楽しかったこと、

先生達にいっぱいおしえてね。

 

投稿:N

2015-09-21

敬老の日。

毎年、おじいちゃん、おばあちゃんに
敬老の日のプレゼントを制作します。

年長さんは、恒例の「ラミネートのしおりづくり」
ではなく「小物入れ」にリニューアルです。

毎年、おじいちゃんおばあちゃんの数分を作っていましたが、
今年は一個入魂です!
image
ペン入れのペットボトル、メモ、それから、大好きなねこちゃん。
DSCF1866
おじいちゃんおばあちゃんが、使ってくれる事を
それぞれがイメージしてねこちゃんの部分は個性があふれます。

皆さんのお子さんは、どんな小物入れでしたか?
世界で一つだけの「小物入れ」喜んでもらえますように♪

投稿:S

2015-09-16

運動会の練習がはじまっています。

image

まこと幼稚園の運動会、

大きい組さんは、まず、

「運動会って知ってる?」

「運動会、やりたい?」

「何をやりたい?」

という、先生からの問いかけから始まります。

 

毎年、大半の子たちが

「やりたい!」「やる!」

と言う中、中には

「出来るかな?」「不安やな」

という子がいたり、

「テニスやろう!」

「ドッジボールやろ!」

なんて時もあるそうです。

それでも

その気持ちを否定するのではなく、

みんなで話し合ったり

時には実際にやってみて

出来そうかな?と検証してみたり。

 

「やりたい!」

「これやったら出来る!」

「みんなに見てもらおう!」

そんな気持ちが集まって

大きい組さんの運動会への取り組みがスタートします。

image

気持ちを1つにして取り組むから

みんな真剣ですね。

 

投稿:N