先生からのメッセージと園の記録 窓をあければ
2014-06-27

7月3日子育て広場

子育て広場は、まことのお母さんひとりが

発題をしてくださいます。その発題を受けて、

同じお母さん方が話し合う会です。

7月はこぐまの利樹くんのお母さんリエさんに語って頂きます。

DSCF5356

今井さんに続いて、どんなお話が聞けるのでしょう。

子育てをする中で感じられたことや、子を思う故に見えてくること、

遠く離れていても、同じ母ゆえに共感できた思いなどを

語ってくださる予定です。3日(日)第一会議室で、午前9時半から

行います。大勢、参加ください。

DSCF5305

子育てや活動での戸惑いや悩みも語れる場所にしましょうね

と語っておられましたと。

 

2014-06-27

こんなに集まりました。

アジアの恵まれない子どもたちに

衣料を送るために、お母さん方が、お母さんに呼びかけました。

DSCF5316

自分の子どもが着なくなったものをお母さんは持って来てくださいました。

DSCF5324

 

子どもたちも

DSCF5329

 

それを整理中です。

DSCF5325

最終的には、こんなに集まり、送る準備をしました。

DSCF5333

こんなに集まりました。多くの方々のご協力を感謝します。

そして、大勢のお母さんが関わってくださり、ありがとうございました。

インドネシアで、カンボジアで、インドで、お母さんが我が子にあなたの

お子さんの衣服を着せながら、遠く日本を思ってくれています。

感謝です。

 

2014-06-25

もう一人の子どもたちを考える会

お母さんたちのボランティア団体

「まこと」もう一人の子どもを考える会が

着るものもないアジアの子どもたちに

衣料を送るために、まこと幼稚園の

保護者に中古衣料の寄贈を呼び掛けられました。

それに応えて、

DSCF5319

 

可愛いですね。アジアの子どもたちも喜びでしょうね。

子どもの成長は早いもの、傷んでいないのに、使わなくなっているものを

家にあります。それをアジアの子どもたちに。いいですね、

そして、見ないけれど、アジアの同じお母さんが

喜ばれ、感謝されるのですね。

今日は、こんなに集まりました。

DSCF5318

衣料を子どもたちに届けてくれるのが

この会のメンバーです。

DSCF5312

あなたも、参加してみませんか。楽しくて、それでいて、

アジアの子どもたちと繋がることのできる会です。

 

 

 

2014-06-16

「絵本の広場」にて

今日は、「文庫」のお母さん方が

企画した絵本の広場です。

DSCF5230

 

未就園児も楽しんだ後、

岩出先生がいろいろな絵本を

紹介してくださいました。

DSCF5215

絵本の中にあるメッセージや仕掛けを

お母さん方に紹介してくださいました。

子育てのヒントもたくさん。

ここにある絵本は

まことの図書室「文庫」にあるものです。

DSCF5225

仕掛けが一杯、子どもに読んで聞かせてくだされば、

いろいろな出逢いがありそうです。

2014-06-15

身体ができてきた年長さんは、

すみれさんは、自分でうんていがどこまで

いけるか、みんなに見てもらいました。

DSCF5158

ゆりさんは、鉄棒で。

 

DSCF5167

手の位置がこうかな。

DSCF5153

 

そうそう、そのまままわればいいよ。

DSCF5168

 

二人ともできて、大満足。

個々の成長のプロセスがありますが、

これまでには、

出来ておいた方がいいことはあります。

これが自信につながります。

 

 

2014-06-15

みんなで描いて

こやぎぐみさんは、みんなで電車や線路にあるものを

描いています。

DSCF5133

 

ぼくは、この電車、僕はこのお花と教えてくれました。

DSCF5144

それを聞いて、飛んだ来てくれた子が

自分の書いた絵のところまで連れてきてくれました。

DSCF5140

 

皆で書いたものの中で、

自分が描いてモノがある喜び。

それを誰かに示したい。大事な感覚です。

これが自己肯定感や自信へと育っていきます。

 

2014-06-13

ダンゴムシ

こどもたちはダンゴムシに興味があります。

触れるとまるまるから面白い。

見つけたよ、ダンゴムシ、あげる。

DSCF5012

団子が虫になった。面白い

DSCF5013

 

こそばい

DSCF5016

何気ない日常で命に触れる。

小さな命への優しいまなざしは、

子どもの魂を育てます。

 

 

2014-06-13

あんずの行方1

5月にできていたあんずの実。

まだまだでした。

DSCF2540

 

ところが、今は、色づき、みんなのクラスで。

こりすさんでは、今日分け合って食べました。

全園園児で食べるので、わずかです。ごめんなさい。

DSCF5084

しかし、みんな初めてで、大事なものを受け取るように、

先生から受け取っています。

DSCF5094

 

 

2014-06-13

あんずの行方3

食べた後は、手を洗う。

洗えたよと、きれいになった手を見せてくれます。

DSCF5122

手を洗う順番を待ちながら、隣のクラスの子に

あんずの話をしています。

 

初めて、あんずをたべたこと、

あまかった、すこしすっぱかったこと

楽しそうに話しています。

経験したことはお友達に伝えたい。

 

2014-06-11

避難訓練です。

避難訓練です。

ベルが鳴り響き、

先生の指示で、あたまを守れるように、

防災ずきんをかぶります。

あっという間に全員が。

DSCF4417

 

 

さすがは、年長さん。

こどもたちは、先生にに従って、園庭に集まります。

DSCF4424

用事で園に残っておられた

お母さん方の感想です。

 

「森の小人さんががいっぱい

出てきたみたいで可愛いかった。」

「そのひとりひとりが

真剣だったのに感動しました」

お母さん、これは避難訓練ですから。