未就園児(2歳児)のためのプログラム MAKOTO KIDS 幼稚園で遊ぼう![まことキッズ]

未就園児のための子育て支援プログラム、
「MAKOTO KIDS」「MAKOTO ぷちきっず」。
1年間通して開催し、遊びのなかから身体や心を大きく育てていく
乳児から幼児への架け橋となるプログラムです。
毎回、前半はいろいろなコーナーや砂場で遊べます。
後半は、2歳児さんと1歳児さんは分かれて、
楽しい集まりやお誕生日会を行います。

もっとくわしく

次回のプログラム

11月25日(土)

10時〜11時30分

・幼稚園体験をしよう!

2015-07-09

7月4日のKIDS

7月のKIDSは思う存分水あそびをします。

遊びながら、お水を容器に汲んでは流す、汲んでは流す。

水の音を聞き、冷たい、気持ちいい♪と感触を楽しみます。

何度もする事でいつか自分でコップにジュースを上手に入れられる力になるんですね(^^)

image

奥には水着で入れる大きなプールも用意してあります。全身でお水を楽しめます。

 

砂や泥が好きなお友達は、

大きな池の出来ているお砂場へ。

image

汚れることはこの際気にしていられません(笑)

裸足になって、一緒に楽しんだ者勝ちです。

お父さんお母さんも、是非一緒に裸足で砂場に入ってくださいね(^^)

 

ホールでの今回の制作は

七夕飾り。

紐を持つと、ぐるぐる不思議な螺旋の飾り。

好きなシールを貼って、模様も描いて。

image

上に願い事を書いたら完成です。image

みんな、どんな願い事を書いたかな?(^^)

みんなの願い事が叶うといいね。

image

 

次回のKIDSは日にちが変更になり、7月30日木曜日になります。

プールでいっぱい遊んで、文庫の紙芝居も見に来てくださいね。

投稿:N

2015-06-20

6月20日のキッズ②

 

ホールでも、みんな元気に遊んでいました。image

 

ホールには、制作コーナーがあります。

image

 

ぴょんと跳ねるおもちゃを作っています。

真剣ですね。

 

おままごとコーナーも。

お父さんお母さんと一緒に

ゆったりごっこ遊び、楽しいね。

image

 

 

プチキッズさんは

たんぽぽ組にも入って遊べます。image

 

今日は、卒園児の絵本の貸し出し日でもありました。

image

文庫の先生が、選りすぐりの小学生向けの本を

並べてくれています。

image

 

この後、11時から、総入れ替え。

今度は、プチキッズさん向けの貸し出しのために

やさしい本が並びました。

プチキッズさん、絵本貸出日には

お気に入りの絵本を探しに遊びに来てくださいね。

 

次回のMAKOTO KIDSは

7月4日(土)です。

プールあそびと七夕飾り作りです。

楽しみにしていてくださいね。

投稿:N

 

 

 

2015-06-20

6月20日のキッズ ①

今日のキッズは、シャボン玉遊びをしました。

image

 

小さいの

image

大きいの

image

虹色に光って、きれいです。

お父さん、お母さん、先生も、

たくさんシャボン玉を作って飛ばしていました。

 

西門前に行ってみると

image

 

絵の具が。

image

ダンボール箱に塗って遊びます。

image

 

「こんな大胆なこと、

家では出来ません(笑)」

とお母さん。

好きな色を選んで、自由に塗るキッズさん達、

とっても楽しそうでした。

これからも、お家では出来ない色んな遊びをしましょうね。

 

回廊には、ペットボトルキャップすくいのコーナー♪

image

大人にとっては「え?キャップ?」 (笑)ですが、

キッズさんにとっては

色とりどりのお宝のようです。

つづく。

投稿:N

 

 

2015-06-20

6月20日のキッズ ①

今日のキッズは、シャボン玉遊びをしました。

image

 

小さいの

image

大きいの

image

虹色に光って、きれいです。

お父さん、お母さん、先生も、

たくさんシャボン玉を作って飛ばしていました。

 

西門前に行ってみると

image

 

絵の具が。

image

ダンボール箱に塗って遊びます。

image

 

「こんな大胆なこと、

家では出来ません(笑)」

とお母さん。

好きな色を選んで、自由に塗るキッズさん達、

とっても楽しそうでした。

これからも、お家では出来ない色んな遊びをしましょうね。

 

回廊には、ペットボトルキャップすくいのコーナー♪

image

大人にとっては「え?キャップ?」 (笑)ですが、

キッズさんにとっては

色とりどりのお宝のようです。

つづく。

投稿:N

 

 

2015-05-12

再会

「わぁ!久しぶり!」

「◯◯くん、大きくなったな〜」

「お母さんも元気やった?」

久しぶりの再会に、受付席から思わず出て来た先生。

image

もう小学生になったお兄ちゃんが、

まだ幼稚園に在園していた時に生まれたぼく。

お母さんのお腹の中にいた時も、

生まれてからも、

お母さんに抱っこしてもらって

何度も来た幼稚園。

お兄ちゃんが卒園してから少しの間来れなかったけれど、

すっかり立派なKIDSになって来てくれました。

先生達はとっても嬉しそうです。

 

MAKOTO KIDSには、

卒園したお兄ちゃんお姉ちゃんが

一緒について来てくれることもよくあります。

その度に、先生達は声をかけてくれます。

 

まこと幼稚園で繋がったみんなのつながり

優しく、温かく、

ずっと続いていきます。

 

投稿:N

 

 

2015-05-12

再会

「わぁ!久しぶり!」

「◯◯くん、大きくなったな〜」

「お母さんも元気やった?」

久しぶりの再会に、受付席から思わず出て来た先生。

image

もう小学生になったお兄ちゃんが、

まだ幼稚園に在園していた時に生まれたぼく。

お母さんのお腹の中にいた時も、

生まれてからも、

お母さんに抱っこしてもらって

何度も来た幼稚園。

お兄ちゃんが卒園してから少しの間来れなかったけれど、

すっかり立派なKIDSになって来てくれました。

先生達はとっても嬉しそうです。

 

MAKOTO KIDSには、

卒園したお兄ちゃんお姉ちゃんが

一緒について来てくれることもよくあります。

その度に、先生達は声をかけてくれます。

 

まこと幼稚園で繋がったみんなのつながり

優しく、温かく、

ずっと続いていきます。

 

投稿:N

 

 

2015-05-11

9日のKIDS

5月9日のMAKOTO KIDS。

こやぎ組のお部屋からは甘〜い香りが。

DSCF7232

のぞいて見ると

先生が

「どうぞ」と誘ってくれます。

DSCF7234

 

 

リッツに生クリームを乗せて

その上には苺、パイナップル、みかんを乗せて。

「はいどうぞ」

「ありがとう」

 

「これ(リッツ)だけください」

「クリームとフルーツは無しですね」

「うん」

 

「いただきます」

「上手に言えたね」

 

おやつ屋さんの先生と、

お客さんのぼく、わたし。

やり取りが楽しいね。

お母さん、お父さんと、新しいおともだち、

みんなで食べたら

ああ美味しい。

にこにこ笑顔がいっぱいのKIDSでした。

投稿:N

 

2015-04-30

5月9日(土)のMAKOTO KIDS予告

つづいていた雨がやみ

花たちが一斉によろこんでいます。

園のナスタチュームも満開です。

01798c8b64004f77113759b864693dd9be591c7449

このいい季節、

こどもたちもパワーがみなぎっているんじゃないでしょうか。

みんなでお庭であそびましょう。

DSCF7059

5月9日(土)のMAKOTO KIDSは

「お庭であそぼう」

・作っておどろう

前回のこいのぼり帽子につづいて、

今度はすてきな音のするおもちゃをつくりますよ。

DSCF1065

・いっしょにおやつタイム

カルピスと、トッピングをしたリッツ3枚ほど

おやつをいただきます。

アレルギー等で食べられない方は、それにかわるちょっとしたおやつを 持ってきてくださってかまいません。

兄姉でほしい方は受付で おやつ券(20円)をご購入ください。

 

おともだちとみ~んなで たべるおやつ

いつもとひと味ちがうかな。

投稿:N

 

2015-04-22

園庭開放ー白い砂場

ここは何処でしょう?

 

DSCF7073

 

ビーチ?

 

DSCF7071

 

 

ここはまこと幼稚園の白い砂場。

オーストラリアからはるばるやって来た白い砂の砂場です。

DSCF7072

普通の砂場の砂とはちょっと違います。

水を多めに混ぜるとトロトロに。

しっとりするくらい混ぜると、くっきりした型抜きが出来ます。

DSCF7076

園庭開放では

お母さんもお父さんも、一緒に遊んでみてくださいね。

投稿:N

 

2015-04-22

園庭開放-砂場

 

DSCF7062

エッサ、エッサ。

一生懸命、どんどん彫ります。

掘っても、掘っても、綺麗な砂。

こんなに夢中で掘れる体験、

なかなかないですね。

キッズの日は 園庭を開放しています。

砂場も自由に使えます。

砂場は歩くと でこぼこで不安定。

だから自分の足でしっかりと踏みしめます。

太陽の温かさを感じ、風を感じます。

ぎゅっと握って、サラサラとかけて。

お友だちと笑いあい、時には自分を主張したり、譲り合ったり。

ここで育まれるものは

目に見えにくいかもしれませんが、

しっかりと子どもの芯を支えていってくれるでしょう。

投稿:N

10 / 12« 先頭...89101112